読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャブだよ!!

君は高らかに唄う。 
そしてテレビを観る。
クソとしょんべん。俺は最近太ってきたので酒のつまみを控えている。
いや、酒そのものすら減らそうとしている。 
恐れ入ったか。 
この馬鹿垂れ。 
このハゲ。
せいぜいシャブでもやってろ、ハゲ。
そうだ、俺は今日から初出勤してきたんだ。
そう、食肉加工工場。なかなか爽やかで陰鬱な、いいところだよ。
話が反れたな。
俺は、依存物質をコントロールしつつあるのだよ!
すげえだろ?
お前なんかシャブとかパチンコとか酒とかタバコとかやめらんねーだろ?
ああ、俺はまともになりつつある。そしてそれは法務省矯正局のおかげかもしれない。
日本の糞な法律のおかげかも。
というか、社会には枠があって、そこから逸脱することに快楽を見出だしてしまうと、
なかなか大変なんだな、これが。
ドラッグがある。アルコールがある。
馬鹿ばっかりである。
俺も馬鹿にちがいない。
しかし、刑務所はもっと、ハイパー馬鹿の集まりであった。

シャブやる奴は馬鹿である。

今、我輩酒飲みながらこれ書いてんだけど、
わかるよな。
シャブやる奴は馬鹿である。
馬鹿。 
さらにもう一度言う。
馬鹿。